Warning: include() [function.include]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /virtual/minusn/public_html/minusn.com/ja/mn010.html on line 78

Warning: include(http://minusn.com/ja/mn010_paypal.html) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /virtual/minusn/public_html/minusn.com/ja/mn010.html on line 78

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://minusn.com/ja/mn010_paypal.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/minusn/public_html/minusn.com/ja/mn010.html on line 78

comments:

コメントしてください:








[mn010] irish - manufactures

01. march (06:00)
- このmp3をダウンロード (192k, 8.28mb)

02. nothing special (08:21)
- このmp3をダウンロード (192k, 11.5mb)

03. daidokoro 1 -reception- (06:36)
- このmp3をダウンロード (192k, 9.11mb)

04. daidokoro 2 -cooking- (06:40)
- このmp3をダウンロード (192k, 9.19mb)

05. daidokoro 3 -refrigerator- (06:54)
- このmp3をダウンロード (192k, 9.51mb)

06. cut my throat (06:41)
- このmp3をダウンロード (192k, 9.21mb)

07. 108 (04:51)
- このmp3をダウンロード (192k, 6.71mb)

08. fear for changes (06:50)
- このmp3をダウンロード (192k, 9.42mb)

09. japanese speak english (07:47)
- このmp3をダウンロード (192k, 10.7mb)

すべてをダウンロード (zip, 84.3mb)

カバーアート(見開き)をダウンロード
(jpeg, 607kb)

カバーアート(web用)をダウンロード
(jpeg, 33.4kb)

irish e-mailインタビュー (by kengo miyazaki)

2003年にインディペンデントcdrとしてリリースされた「manufactures」を聴いた後、この素晴らしいアルバムがこのまま闇へと消えていくのは惜しいと考えた我々は、同作品のリマスター版を-Nからリリースすることに決めた。

km: このアルバムを作り、インディペンデントcdrとしてリリースするに至った動機を教えてください。

irish: この作品を制作していた時、cap-dというロックバンドに所属していたこともあって、他のロックバンドと一緒にライブをすることが多かったのですが、彼らは音楽を産業としてやっていて、それに対する反発が僕にはいつもありました。最終的な彼らの目標は、メジャーレーベルに所属して商品性の高い音楽を作ることで、それが僕をやりきれない気持ちにさせ、それに対して何かしら反発を表明したかったというのが動機です。

km: 「manufactures」に収録されているトラックは、最近の、特にtest tubeからリリースされたトラックとは完全に異なる雰囲気を持っています。音楽生活に何か影響を及ぼすような変化が、このcdをリリースした後にあったのでしょうか?

irish: この頃は音楽における本質的なものにしか興味が無く、だから音一つを作るのに数日かけることもあり、そうやって本質的なもののみにフォーカスして制作している内に「manufactures」は出来上がりました。そういうことが出来る時間が自分にはあったということだと思います。
test tubeでリリースしたものは、もっと自分の身近な出来事や感情を表現しようとして作ったものであり本質的に違います。「manufactures」を制作したころと違い、今は様々な人間と接する立場にあり、その過程で感じたことを素直に音にしようと思っています。

km: 実際このアルバムのトラックは緊迫感があって、音も細部まで作りこんであり、全てを出し切っているような印象を受けます。機材は何を使っているんでしょうか?機材や作り方など、今と比べて何か違うところはありますか?

irish: コンピューターはもちろん使っているし、それが無ければこの作品は完成しなかったのも事実ですが、「manufactures」では自分の身近にあるものを全て音にしようと思っていました。ジャンクで買ったyamaha dx21、electribe em-1から、jeskola buzz、pure data、ableton live、cubase vstなどのソフトウェア、台所の音や自分の声など、全てを使い切ろうと考えていました。syntheditでプラグインを自作したりもしています。
今はもっと感覚的に音を扱える環境があって、色々な処理を同時にやっても音が止まらないし、きれいな音で録音することも出来ますが、昔苦労してやっていたことが楽に出来るようになった反面、失ったものも多い気がしています。

km: 前半のコンセプチュアルなタイトルに比べ、後半はよりエモーショナルなタイトルが付けられていますが、これらは同じ時期に作られたものですか?これを作ったときにどんな状況、或いは心境だったんでしょうか?

irish: 「manufactures」の曲は、ほぼ同じ時期に作られた曲ですが、タイトルに関しては、あまり深いことは考えないで付けています。大抵は曲が出来上がってから付けられたものです。

km: 音楽的に目指しているものは何でしょう?現在進行中の、或いは計画しているプロジェクトなどを教えてください。

irish: これからも音楽を作り続けたい。それだけが望みです。
現在は、日本のpse法に対する抗議を表明するためのコンピレーション作品と、duffというヒップホップアーティストとのコラボレーションユニット「id」のアルバムを制作中です。


©2005-2017 -N.
Warning: include() [function.include]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /virtual/minusn/public_html/minusn.com/ja/mn010.html on line 199

Warning: include(http://minusn.com/copyrights.html) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /virtual/minusn/public_html/minusn.com/ja/mn010.html on line 199

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://minusn.com/copyrights.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/minusn/public_html/minusn.com/ja/mn010.html on line 199